(株)テクノアソシエーツ TOPページへ テクノアソシエーツサイトへ

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへコラムへ

タラチネケミカルがシラス(火山噴火の堆積物)を利用した
万能クリーナーを開発


[2008/07/10]

 タラチネケミカル(鹿児島県日置市)は,ガラス面に付着した頑固な水垢や油膜を短時間で除去し,ガラス面を傷つけずに製品本来の美しさを回復させる研磨剤「エコ・クリーナー」を開発した。このクリーナーは,鹿児島県に多く堆積しているシラス(火山噴火の堆積物)から作り出されたシラスバルーンを主要原料としたものだ。
 シラスは,これまでも化粧石鹸や研磨剤,壁材などに利用されてきた。特に化粧石鹸などは,肌を傷めずに毛穴の汚れを除去できる自然志向の石鹸として評判を呼び,全国的なヒット商品となっている。同社では,シラスに含まれるシラスバルーンの形状やサイズ,またその配合などを工夫することにより,ガラス,タイル,金属メッキなどの汚れに対して画期的な洗浄力を持つエコ・クリーナーの開発に成功した。地元の市営バスや新幹線(JR九州)などの公共交通機関やコンビニエンスストアのウィンドウの清掃などに採用されるなど利用が広がっており,同社では,この製品により全国展開をめざす。


洗浄力が市の交通局から注目を浴びる

タラチネケミカル 「エコ・クリーナー」
 ■タラチネケミカル 「エコ・クリーナー」
  ガラスクリーナーといえば,これまで化学薬品を使ったものが主流で,水中のカルシウム分が結晶化した水垢や油膜といった,がんこな汚れは,化学薬品でなければ除去できないというのが常識となっていた。しかし,フッ化水素などの化学薬品は毒劇物取締法で毒物に指定されており,取り扱いには厳重な注意が要求される。また,薬品を使った清掃は,原理的には,ガラス面を溶かすことにより汚れを取るというものであるため,数回清掃を繰り返すとガラス面は酸焼けで白濁してしまうという欠点を持っていた。
 ところが,エコ・クリーナーは鹿児島県特産のシラスを利用しているので,生態系や人体への害はない。原料のシラスバルーンは,女性の肌に優しく毛穴から汚れを除去する力があるというので,化粧石鹸の材料にも使われ,好評を博している。自然素材だから,清掃後は簡単に水で洗い流すことができ,環境に対して負荷を与えず,施工後の廃液の処理や施工前の養生に手間をとることもない。化学薬品による清掃が,ガラス面を溶かすのに対して,エコ・クリーナーは,無機多孔性の中空粒子材料であるシラスバルーンが,ガラス面の微細な凹凸に入りこんだ頑固な油膜,水垢をかき出しながら吸着する働きを持つという。

 シラスを活用した洗浄力の高いクリーナーであるということから,まず,地元の鹿児島市交通局が着目した。鹿児島市には数多くの市営バスや路面電車が運行されているが,そのフロントガラスの洗浄が悩みの種になっていた。油膜や水垢がたまると視界が悪くなり,安全運行にも支障をきたす。けれども,一般の研磨剤や化学薬品などを使用すると,ガラス面に傷がついたり酸焼けを起こしたりするので,なすすべがなく,ほとんど手つかずの状態になっていたという。
 迫社長は,市バスや路面電車の整備場に赴き,試験的にやらせてほしいと頼み込み,片端から油膜や水垢で汚れたフロントガラスを清掃して回ったという。作業の結果を見て関係者が驚いた。それまで,どんな方法でも除去が難しいと思われていた,頑固な水垢や油膜がきれいに無くなっていたのだ。

路線バス
 
■路線バス/before
 
■路線バス/after
 
作業風景  
路面電車
 
■作業風景/路線バス
 
   ■路面電車/before
■路面電車/after


新幹線・在来線の窓ガラス清掃にも採用

 時速300キロの高速で運行する新幹線。そのフロントガラスにも,さまざまな汚れが付着する。曲面加工されたフロントガラスの清掃は,技術を要するが,同社のエコ・クリーナーで新品同様に仕上がった。
 JR九州では,在来線のガラス面を化学薬品ではなく,傷をつけることなく本来のガラス面を取り戻すことができないか,多くの企業に呼びかけてコンペを実施した。清掃対象は,ウロコ状の水垢・油膜によって汚れたガラス窓だ。
 多くの企業が,このコンペに参加したが,結果的には,同社のエコ・クリーナーがもっとも短時間で,最良の効果を発揮した。とりわけ,評価を受けたのは,化学薬品を使った清掃によって酸焼けし,白濁したガラスもエコ・クリーナーを使って磨くとガラス本来の輝きが戻ったことだったという。このコンペを通じて,JR九州の新幹線・在来線のフロントガラスおよび,車両のガラス窓の清掃にエコ・クリーナーが採用されることとなった。

 この洗浄力に注目したのが,業務用清掃洗剤を取り扱うジョンソンディパシーだ。同社は,車両だけではなく,船舶の窓ガラス清掃にエコ・クリーナーを使い,効果を発揮している。
 「ガラスが持つ本来のクリアな状態がよみがえり視界の確保とともに,景観を楽しむ船には持ってこいのクリーナー」と同社のトータルソリューション開発部グループマネージャー・高木優さんは,エコ・クリーナーを採用した理由を語ってくれた。
 エコ・クリーナーは,九州地区の動物園や温泉施設の鏡・ガラス面,病院,ホテルなどの公共施設や多数の企業で採用され,セブンイレブン(全国)でも窓ガラス清掃に採用されている。

作業風景/JR九州在来線
 
JR九州在来線/フロントガラス現状
 
作業風景/JR九州新幹線
 ■作業風景/JR九州在来線
 
■JR九州在来線/フロントガラス現状
 
 ■作業風景/JR九州新幹線
作業風景/船舶
 
施工風景/動物園
 
セブンイレブン
 ■作業風景/船舶
 
 ■施工風景/動物園
 
 ■作業風景/セブンイレブン


建物,設備の資産価値を上げる親水性の仕上がり

御影石/テスト施工
  ■御影石/テスト施工
 エコ・クリーナーのもう一つの特色は,清掃面の油分を除去し,表面を親水性に仕上げることができる点だ。親水性が増したガラスなどの素材表面には,水垢,油膜などの汚れが付きにくくなる。光触媒によって得られる親水性によって,素材の表面に汚れがつきにくくなるのと同じ原理だ。
 この清掃面に親水性を与えることができるという特性を生かして,エコ・クリーナーは,様々な分野で活躍が期待されている。ステンレス流し台やFRP浴槽などに付着した汚れを除去し,施工当時のような美しさを取り戻し,さらに汚れが付着しにくくなる。タイル,陶器,御影石などの建築材料や内装材料などに対しても,同様の効果を発揮する。また,親水性のある仕上がりということから,各種のコート剤を塗布する際の下地処理や光触媒の下地処理などの分野でも利用を広げていきたいとしている。

 「鹿児島県のシラスは,さまざまな可能性を秘めた素材。郷土の地域資源をクリーナーとして全国区の製品に育て上げたい」と迫社長は意気込む。


【問い合わせ先】
有限会社タラチネケミカル
電話:099-296-6877   Eメール:tarachinekemikaru@olive.plala.or.jp


小型タンカー船操舵室ガラス/before
やじるし
小型タンカー船操舵室ガラス/after
 ■小型タンカー船操舵室ガラス/before
  ■小型タンカー船操舵室ガラス/after

クロムメッキ蛇口/before
やじるし
クロムメッキ蛇口/after
 ■クロムメッキ蛇口/before
  ■クロムメッキ蛇口/after

ステン流し台/before
やじるし
ステン流し台/after
 ■ステン流し台/before
  ■ステン流し台/after

洗面台/before
やじるし
洗面台/after
 ■洗面台/before
  ■洗面台/after

陶器/before
やじるし
陶器/after
 ■陶器/before
  ■陶器/after

タイル/before
やじるし
タイル/after
 ■タイル/before
  ■タイル/after

鏡/before
やじるし
鏡/after
 ■鏡/before
  ■鏡/after

展望ガラス/before
やじるし
展望ガラス/after
 ■展望ガラス/before
  ■展望ガラス/after





オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
パナソニックの住宅関連事業を支える耐酸被覆鋼板、接着技術や樹脂コーティング法に独自ノウハウ

【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2018年8月)










オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

INTERVIEW Index ブレークスルー技術Index 提案Index コラムIndex イベントIndex お問い合せ