(株)テクノアソシエーツ TOPページへ テクノアソシエーツサイトへ

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへコラムへ

釧路市にプロテオグリカンの量産拠点誕生

化粧品・健康食品・医薬品への応用に期待
[2008/09/22]


 バイオマテックジャパン(釧路市・工藤義昭社長)は,化粧品,健康食品,医薬品などの有用成分として期待されるプロテオグリカンの量産工場を釧白工業団地内に完成。10月中旬より本格生産を開始するとともに,サンプル提供先を広く募集することを明らかにした。プロテオグリカンの応用研究に,はずみがかかると期待されている。サンプル希望は,同社ホームページより問い合わせを受け付けている。


 プロテオグリカンは,たんぱく質にグリコサミノグリカンとよばれる多糖類が結合した化合物の総称。最近の研究で,細胞の接着・増殖など,さまざまな生体活動に深く関わっていることが明らかになってきた。
 例えば,皮膚や軟骨の組織には,ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸が,細胞内の間隙を満たす物質(細胞外基質)として存在しているが,プロテオグリカンはこれらと結合し巨大な複合体を形成することで,組織の弾力性や保水性を保っていると考えられている。また,東京都神経科学総合研究所の研究では,プロテオグリカンは神経細胞周辺にも大量に含まれ,神経細胞の発達に重要な機能を果たしていることも分かってきた。

優れた保湿効果に期待。化粧品メーカーが関心示す

 生体内で重要な役割を果たすプロテオグリカン。肌の保水性を高める化粧品やさまざまな生理機能を持つ医薬品原料として注目されているが,応用研究のネックとされてきたのが価格だ。これまで基礎研究用としてウシ気管支軟骨などから抽出されたプロテオグリカンが試薬メーカーより供給されていたが,効率的な抽出方法がなく大量生産が難しかった。さらに,BES(牛海綿状脳症)問題以降,ウシの利用が難しくなっている。
 バイオマテックジャパンは,釧路市が設立した釧路根室圏産業技術振興センターの技術支援を受け,サケ頭部の鼻軟骨から効率よくプロテオグリカンを抽出する独自技術を開発,1日あたり3キログラム以上(乾燥重量)のプロテオグリカンを製造する体制を整えた。
 具体的には,サケ頭部から鼻軟骨だけを取り出し,前処理によりパウダー化された軟骨からプロテオグリカンを抽出している。抽出にかかる時間は約1時間半。従来の方法では72時間以上かかっていたので,抽出率とスピードの両方で製造効率はアップした。
 同社が製造するプロテオグリカンはコンドロイチン硫酸が結合したプロテオグリカンで,分子量は約120万。すでに,「保湿能力を期待して」(工藤社長),化粧品メーカー数社から原料供給の依頼がある。

逆転の発想で量産化に成功

 プロテオグリカンの量産化には,これまで多くの研究者が取り組んできた。1999年には,弘前大学医学部の高垣啓一教授が,青森県の企業である角弘と共同でサケ鼻軟骨から高純度で大量精製する技術を確立。釧路市での製造を模索したが,抽出効率などの問題から実現に至らなかった経緯がある。
 バイオマテックの工藤義昭社長は,実はその当時,角弘釧路研究室の主任研究員であった。角弘の釧路撤退を機に独立。釧路根室圏産業技術振興センターと共同で独自技術の開発に取り組んだという。そして,試行錯誤の結果,逆転の発想で新技術を開発。「従来比で数倍の抽出効率を実現することができた」と工藤社長はいう。

バイオマテックジャパン 工藤義昭 社長
バイオマテックジャパン
工藤義昭 社長
 なお,釧路市には日本屈指のサケ水揚げ漁港があり,廃棄物となるサケの頭を大量に確保することが可能。1日の製造量,3キログラムのプロテオグリカンを製造するには約4500匹分のサケ頭部が必要だが,釧路市内のサケ水揚げ量から考えると,その10倍近いプロテオグリカンの資源が釧路には存在すると考えられている。
 「これまで棄てられていたサケ頭部に,とても有用な成分があった。プロテオグリカンの研究はまだはじまったばかりで,さまざまな分野での応用が期待されている。多くの研究者に供給できる体制が整ったことで,優れた保湿性を持つ化粧品や釧路発の健康食品を誕生させたい」と工藤社長は期待している。



オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
パナソニックの住宅関連事業を支える耐酸被覆鋼板、接着技術や樹脂コーティング法に独自ノウハウ

【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2018年8月)










オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

INTERVIEW Index ブレークスルー技術Index 提案Index コラムIndex イベントIndex お問い合せ