(株)テクノアソシエーツ TOPページへ テクノアソシエーツサイトへ

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへコラムへ

イーラボ・エクスペリエンス社・ユビキタス社が東京大学と
未来型農業 スマートファーム・グリッド実現に向けた技術を共同開発


[2009/04/02]

 イーラボ・エクスペリエンス(本社:三重県津市,島村博代表取締役)とユビキタス(本社:東京都新宿区,川内雅彦社長)は,東京大学との産学連携プロジェクトとして,農地の土壌状態をリアルタイムでモニタリングするシステムを共同開発する。土壌状態のモニタリング結果と収量の相関関係を把握することは,日本型精密農業(プレシジョンアグリカルチャー)を確立するための基盤技術となることから,この共同開発プロジェクトは,農林水産省の「平成20年度官民連携新技術研究開発事業」に認定されている。


 イーラボ・エクスペリエンス社は,三重大学発のITベンチャー企業で,センサーネットワークの農業への応用を進めており,これまでに農地の土壌環境をモニタリングするフィールド・サーバーなどを製品化した実績を持つ(図1)。また,ユビキタス社は,ユビキタスネットワークのために最適化された「最小」,「最軽量」,「最速」の組み込みソフトウェアの開発を進めている。
 今回,両社の技術提携により共同開発を行うシステムでは,農地に設置した土壌センサーに無線アダプタを接続することにより,測定された土壌データをインターネット経由で遠隔地からリアルタイムでモニタリングすることを可能にする(図2)。これによって,農業事業者は,水分や肥料の分布など土壌の状態を面的に正確に把握することが可能となり,均一な土作りができるようになる。また,作付け後のデータをモニタリングすることで,農作物の生育状態に応じたきめ細かな水分,肥料管理,防除計画にも役立てることができるという。
 今回の共同開発プロジェクトでは,イーラボ・エクスペリエンス社が小型で簡素化した土壌無線LANセンサーとセンサーネットワーク部とフィールド・サーバーとの連携システム化を担当し,ユビキタス社が,ネットワークソフトウェアの小型OS部開発を担当する。

図1 イチゴ圃場をモニタリングするフィールド・サーバー
図1 イチゴ圃場をモニタリングするフィールド・サーバー
ハウス内の日射量,室温,湿度,土壌温度,室内CO2濃度を測定


図2  農地土壌情報モニタリングキットの開発
図2  農地土壌情報モニタリングキットの開発


東京大学が実証試験を担当,平成22年の実用化を目指す

 また,両社が開発したシステムを実際に農地に敷設して行う実証試験は,東京大学大学院農学生命科学研究科,溝口勝教授のグループが担当し,センサーネットワークから吸い上げられる土壌の情報を解析することで,農作物の生産性や品質向上に役立つ土壌のセンシング,モニタリング方法の確立を目指す。
 溝口教授は「最新のITを農業分野に応用する技術を確立する上で,今回の共同開発プロジェクトは大きな意味を持つ。農業の情報化は,日本型精密農業(プレシジョンアグリカルチャー)の基盤技術としても重要であり,農作物のトレーサビリティを高め,消費者の食の安全,安心に対する期待にも応えることになる」と,今回の実証試験の意義を強調する。実証試験は平成21年に行われ,平成22年中の実用化を目指すという。


ブランド構築にも有効な農業のIT化

 イーラボ・エクスペリエンスが開発したフィールド・サーバーを中心としたセンサーネットワークは,農業現場で徐々に活用されるようになっている。
 UCC上島珈琲は,ハワイ・コナ島の直営農園にイーラボ社のフィールド・サーバーを設置し,モニタリングした気温のデータ,フィールド・サーバーが搭載しているカメラから現地の農園の映像を同社のホームページから視聴できるようにしている。

 また,イオン・リテールが推進する地域資源開発プロジェクト「フードアルチザン(食の匠)」では,東京大学・溝口教授とイーラボ・エクスペリンス社も参画する産学官連携組織ALFAE(食・農・環境 アジア・太平洋戦略情報拠点 亀岡孝治会長(三重大学))が中心となり,小豆島のオリーブ栽培のモニタリングにフィールド・サーバーを導入し,特産品のオリーブの栽培育成管理データを取得している。
 「フィールド・サーバーに代表される農業へのITの応用は,単に農業経営の効率化の手段であるだけでなく,農産品のブランド構築にも重要な役割を果たします。消費者に育成履歴も含めた情報を広く開示することが,製品に対する安心感や親近感につながるからです」と,イーラボ・エクスペリエンスの島村社長は,農業のIT化を推進するもうひとつの意義を強調する。


資料請求,問い合わせ:
イーラボ・エクスペリエンス ホームページ
URL: http://www.elab-experience.com/



オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
パナソニックの住宅関連事業を支える耐酸被覆鋼板、接着技術や樹脂コーティング法に独自ノウハウ

【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2018年8月)










オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

INTERVIEW Index ブレークスルー技術Index 提案Index コラムIndex イベントIndex お問い合せ