(株)テクノアソシエーツ TOPページへ テクノアソシエーツサイトへ

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへコラムへ


テクニカルノートロゴ

Afje株式会社

Afje(アフジェ)株式会社から
発売予定のバータイプ除電器の応用開拓に関する意見交換



 現在,フラット・パネル・ディスプレイ(FPD)関連,電子部品実装関連,梱包関連,印刷関連等の産業で,広範囲で安定した除電が生産現場で重要な課題となっている。これら業界以外でも各種製造工程でワークの大面積化や高移動速度,メンテナンスの軽減など静電気除去の対応に困っているところは多い。Afjeは,フラット電極を用いてイオンを面状に発生させ様々なワーク形状に対応できる“バータイプ”除電器を開発,製品の最終仕様に対する要望や他産業向けのカスタマイズを当該市場関係者との意見交換を通じて進めていくことを提案する。


●技術ニーズ
 静電気除去は産業界で広く必要とされている技術であるが,大面積,高速移動体に対する除電技術は遅れていた。これまでは,(1)バータイプ除電器(放電針を使ったコロナ放電でイオンを発生する従来技術),もしくは(2)フラット電極で面状に発生させたイオンをファンで遠方から風と共に放出するマイクロプラズマ方式のファンタイプ除電器のどちらかを使用していた。(1)の場合には放電針近傍にイオンが集中しワーク表面に均一な除電雰囲気を作ることは困難であり,(2)の場合には遠方からのイオン放出であるため,(1)と同じようにワーク表面に均一な除電雰囲気を作ることが困難であった。コロナ放電の場合は,電界発生による集塵作用により放電針に塵埃が付着して除電性能が低下するため定期的な清掃作業が必要だったのに対し,マイクロプラズマイオン発生装置ではその煩わしさを極端に低減できる。特にバータイプではワークハンドリング機器に固定して使用される場合が多く,メインテナンスが容易な静電除去器が要望されている。

●研究テーマ/技術成果
 均一なイオン放出を可能とし,更にメインテナンス性を向上するため,Afje株式会社では産業技術総合研究所と共に開発した平面タイプのマイクロプラズマイオン発生装置をバータイプに応用することに成功した。このバータイプはワークに合わせて単位長さ30cmの基本単位を組み合わせて全体長を調整することができる。このことにより,幅広のワークや大面積のワークに対しても安定した除電効果を発揮できる。
 一方,ファンタイプでは風の力でワークまでイオンを運び除電しているが,バータイプではファンが無くともワークまでの距離が50〜100mmであれば,除電性能を維持することが確かめており,無風で除電が必要なワークに対しても活用できる。

●特徴
 マイクロプラズマイオン発生電極に駆動電源を一体化して組み込み,小型軽量化を実現した。ファンは設置しておらず,風が必要な除電では工場エアーを使用してイオンをワーク表面に送り込むことができる。除電特性は50mm離れて1,000V→100V以下までを0.3秒で実現,高速移動のワークに対しても有効。

●実用化に向けた課題
 静電気除去が必要な環境は様々な要因が重なり合って出現するため,標準品のみで全てに対応することは困難である。即ち,作業所の温度湿度,作業者の衣類,床材,ワーク搬送機器などを全般的にみることが必要であり,その結果として除電器もタイプ別,寸法,設置位置等を考慮する必要がある。このような作業現場からの情報を得ていかに迅速的確に除電器を設置していくかが課題の一つである。

●今回の提案内容
 従来Afjeが販売してきたファンタイプにバータイプが加わることにより,ベルトコンベアー上のワーク,大面積ワーク等ファンタイプだけでは対応し切れなかった製造現場での静電気除去を実現可能となった。主力アプリケーションであるフラット・パネル・ディスプレイ(FPD)産業に向けた“バータイプ”最終製品仕様に対する要望や,電子部品実装関連,梱包関連,印刷関連等を含めた他産業向けのカスタマイズを当該市場関係者との意見交換を通じて進めていくことを提案する。

●論文/特許実績
1)特許出願番号:特願2005-006115
特許の名称:
微細電極イオン発生素子を有する除電装置
発明者(所属):
瀬戸章文(産総研),平澤誠一(産総研),辻正明(産総研),
奥山明(フィーサ(株)),斉藤進(フィーサ(株))以下活用知財は全て同一
概要:
イオン発生素子から離れた物体表面に気流でイオンを輸送する除電装置において,気流の向きと素子配置を限定した除電装置
2)特許出願番号:特願2005-043456
特許の名称:
イオン発生素子,イオン発生器及び除電器
概要:
正イオンと負イオンが素子の両面から別々に発生する素子を用いた除電装置
3)特許出願番号:特願2005-044408
特許の名称:
イオン発生器及び除電器
概要:
イオンバランス制御のため,気流に対してイオン発生素子の角度が可変な除電装置
4)特許出願番号:特願2006-175343
特許の名称:
空間に均一な濃度分布のイオンを供給するイオン発生素子及びイオン発生器並びに除電器。
概要:
空間に均一な濃度分布のイオンを供給するイオン発生素子及びイオン発生器並びに除電器。


●備考
本件は,独立行政法人産業技術総合研究所の産総研技術移転支援による成果です。

【本件に関するお問い合わせ】
Afje株式会社 営業 担当:野村哲雄
TEL:03-3752-6611            FAX:03-3752-6476
E-mail:ted-nomura@afjeinc.com   URL:http://www.afjeinc.com/

【ニュースリリース】
  大面積,高速移動の平面形状に対応する静電気除去器を新発売 [2008年01月15日]
【関連記事】
  高速移動中の大面積形状に対応する低電圧静電気除去装置 −インターネプコン・ジャパンで初披露− [2007年12月20日]






| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

INTERVIEW Index ブレークスルー技術Index 提案Index コラムIndex イベントIndex お問い合せ