(株)テクノアソシエーツ TOPページへ テクノアソシエーツサイトへ

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへコラムへ

SIJテクノロジ,従来インクジェットプリンタの1000倍の高粘度な液滴の吐出に成功

[2008/12/17]


 産業技術総合研究所の技術移転ベンチャーSIJテクノロジは,同社のスーパーインクジェット装置を使って,従来インクジェットプリンタの1000倍の高粘度液滴を吐出することに成功した(図1)。同装置は,すでに1fl〜10pl(フェムトリットル フェムトは10のマイナス15乗)の液滴の吐出が可能であることが発表されており,チャネル長1μmの有機トランジスタのソース・ドレイン電極の形成に使われている。同社は今回,1万cps(センチポアズ=mPa・s)と高粘度で微量な液滴を吐出できることを明らかにした。「高粘度で微量の液滴の吐出に成功したことで精密ディスペンス用途や各種接着剤の他,金属バンプや金属配線の形成にスーパーインクジェット装置が利用でき,広範囲な応用が期待できる」,とSIJテクノロジは言う。

 従来インクジェットプリンタには,圧電素子を用いるピエゾ方式や,加熱してノズル内で気泡を発生させるバブルジェット方式のインクジェット技術が使われている。SIJテクノロジは詳細を明らかにしていないが,同社の装置には産総研の研究成果をコア技術とした,独自開発の方式を使っていると言う。これまでのインクジェット技術では,高粘度,微量の液滴の吐出は,実現が難しかった。吐出できる液滴の粘度は10cps程度で,液滴の最小直径も1pl で12μmだった(図2)。このため使用できる溶液も限られていた。

 SIJテクノロジは,このスーパーインクジェット装置を広い分野に展開したい考えだ。有機トランジスタなどのデバイス分野だけでなく,微細化,3次元化が進む実装技術やバイオ,有機ELなどの分野も視野に入れて装置開発を進めている。例えば金属バンプなどの形成ではエッチング工程を省くことが可能で,金属バンプの立体構造を簡易に形成できる(図3)。これは,flという微量の液滴の速乾燥性と,0.5μmと微細な液滴を精度よく同一個所に吐出させることができるためである。

 同社は今後,装置の販売ビジネスだけでなく,材料開発,工法開発などの試作支援ビジネスなどにも力を入れる考えだ。さらに,スーパーインクジェット装置の特徴を生かし,DNAマイクロアレイ作成といった医療機器などを含め,広範な分野の企業と共同で装置開発も進めたいとしている。



 図1:粘度と液量による,スーパーインクジェット装置とインクジェットプリンタの比較
図1:粘度と液量による,スーパーインクジェット装置とインクジェットプリンタの比較

 図2:液滴サイズの比較
図2:液滴サイズの比較

 図3:スーパーインクジェット装置で形成した立体構造
図3:スーパーインクジェット装置で形成した立体構造

【ニュースリリース】
  高粘度液滴対応スーパーインクジェット150mmストローク仕様を販売開始 [2009年1月26日]
    手のひらサイズの超小型スーパーインクジェットユニットを販売開始 [2009年2月16日]



オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

【座談会】安定・潤沢な国産レアアースの利用に、日本の産業界は飛躍の未来を感じている

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2017年10月-12月)















オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

INTERVIEW Index ブレークスルー技術Index 提案Index コラムIndex イベントIndex お問い合せ