(株)テクノアソシエーツ TOPページへ テクノアソシエーツサイトへ

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへコラムへ

東大発ベンチャー,二次元通信の実用化を加速
ユビキタス・ネットワーク社会の新しい選択肢


[2008/01/15]


 東大発ベンチャーのセルクロス(東京都文京区)が,企業や研究機関との連携によって,二次元通信技術の実用化を加速している。

 二次元通信技術とは,メッシュ状の導電性層と誘電体,導電層という3層構造をした薄さ数ミリの特殊専用シートが,電磁波を閉じ込めて伝送し,シートから染み出る電磁波を利用することで,機器が直接シートに接触していなくても通信・給電可能になるという技術。柔軟性に富むので,様々な形状で使うことができる。ケーブルなど線で伝える方法を一次元,空間中を無線で伝える方法を三次元として,平面で伝えることから二次元と呼ぶ。基本原理は,東京大学大学院情報理工学系研究科の篠田裕之准教授が開発した。現在,独立行政法人情報通信研究機構(NICT)との共同研究開発を行っている。

 ユビキタス・ネットワーク社会とは,人とモノ,モノとモノが頻繁に通信しあう社会。モノは電力を消費しながら通信する。モノへの電力供給とモノの送受信のすべてをケーブル線で賄うことはできない。当然,無線化技術の進歩への期待が高まる。
 しかしながら,通信のすべてを無線化するには限界がある。特に,帯域の確保は重要な課題だ。そのほか,電磁波による機器や人体への影響や,情報漏洩といった課題もある。無線機器の電力供給も,まだ有線に頼らざるを得ないのが現実だ。
 こうした課題に対し,三次元空間に広がる電磁波を独立した二次元平面に閉じ込め,給電,通信の両面で活用する二次元通信技術は,新しい選択肢となりうる。

2つの事例発表−デスクマットとRFIDアンテナ
 最近,実用化が進展していることを示す事例が二つ発表された。
 一つは,オフィス用デスクマット。2007年11月に,事務用機器メーカーのイトーキが展示会で発表した「LANシート」は,その一端が外部の通信網と繋がっていれば,デスクマット上のどこにパソコンを置いてもネットに接続させることができる。マットから離すと通信は切断される。このデスクマットには,セルクロスと帝人ファイバーにより共同開発されたシートが用いられており,通信基盤としての性能とオフィスでの実用性を両立させている。「配線を少なくした魅力的なオフィス環境作りに加えて,オフィス内の機密情報等の管理面でも貢献できる」(セルクロス 清松哲郎社長)。

 もう一つが,RFIDを付けた商品を置く専用棚用アンテナシート。無線ICタグ専門総合企業の日本インフォメーションシステムとの提携によって開発した。「CELLCROSS アンテナシート」と呼ばれるこのシートは,棚などの上にそのまま敷いて使うことで,シートそのものがICタグのアンテナとなる。読み取り範囲はシート上の数cmと限定的だが,読み取り精度は高くなり,環境の影響を低減できる。わざわざ専用の棚に買い換える必要も無ければ,金属製棚で心配される電波干渉の懸念も少ない。2008年から,このシートを用いた評価キットの販売を開始することを発表している。

「CELLCROSS アンテナシート」
写真の白い部分が「CELLCROSS アンテナシート」
面積は297mm×420mm(A3サイズ)で,薄さ6mm。
このシートの上にICタグを付けた物体を置くと,シートに接続しているリーダーから情報を読み取ることができる。評価キットは,シートとリーダーとタグがセット。

 同社は,東大とNICTとともに進めている共同研究成果をもとに,二次元通信技術の実用化・事業化を推進していく。「二次元通信技術の実用化可能な用途としては,例えば壁掛けTVに高画質な映像をケーブル無しで送るというニーズへの対応や,車載ネットワークにおける膨大な数に上るワイヤーハーネスの代替,回路基板代替,膨大な微小センサーを搭載する人工皮膚への適用などが考えられる。しかし,この技術が解決できるような技術的な課題を抱えているアプリケーションは,これら以外にもまだまだあると考えている。是非,広く企業との提携を進めて実用化を促進し,ユビキタス・ネットワーク社会の促進に貢献していきたい」(同社清松社長)。


【セルクロス】二次元通信の技術説明資料
ダウンロード資料は こちら から

PDFファイルの閲覧にはAcrobat® Reader®が必要です。
Acrobat® Reader®のダウンロードはこちら

【関連記事】
  ・ZigBee無線モジュール IMI
  ・無線LAN対応のネットワークプロセッサ ネットクリアス

記事要点掲載先:日経BP.netTech-On!




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

INTERVIEW Index ブレークスルー技術Index 提案Index コラムIndex イベントIndex お問い合せ