技術&事業インキュベーション・フォーラム

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへイベント・セミナーお問合せ


エネルギー関連は環境と省エネ,ライフサイエンス関連は
新材料の応用展開が目立つ
― NEDO成果展示会(3)
[2005/11/11]

 エネルギー関連は環境対策と省エネ技術,ライフサイエンス関連は新規マテリアルの応用展開。これが,2005年11月15〜18日に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)の主催で開かれる「NEDO技術開発機構 成果展示会」のプレゼンテーションにおける11月17日のライフサイエンス・エネルギー関連プログラムの見どころになる。エネルギー分野では,環境対策やエネルギー効率を強く意識した技術が紹介される。一方ライフサイエンス分野は,ナノテクノロジとの融合による新規技術など,基礎研究だけでなく臨床分野でも注目に値する技術が登場しそうである。

各企業が高い技術力・開発力を実証
 エネルギー関連でプレゼンテーションを行う川崎重工業は,大型ニッケル水素(NiH)電池「ギガセル」の開発状況を発表する。ギガセルは,化石燃料に代わる新エネルギーとして期待がかかる蓄電池。内部抵抗が小さい大型ニッケル水素電池のため,高速で充放電が可能で,鉛(Pb)やカドミウム(Cd)といった有害物質を使用しない。電池材料と電極が溶接されていないため,分離・回収などのリサイクルが容易といい,21世紀のクリーンエネルギーとして注目されている。

 同じくエネルギー関連でプレゼンテーションを行う超音波醸造所からは,「超音波霧化技術」の詳細が発表される。1回の分離・精製プロセス(1段処理)で99.5%という高純度の無水アルコールを抽出可能な同技術は,エタノール(CHOH)に代表される揮発性有機化合物向けの新しい分離・精製法である。電気エネルギーを基盤とするので,低エネルギー,低温度でエタノールを分離・精製でき,省エネルギーと環境対策の両面から期待できる。

 一方ライフサイエンス関連では,ナノコンポジット粒子やカーボン・ナノチューブといったマテリアルの応用報告が相次ぐ。ホソカワ粉体技術研究所は,ナノコンポジット粒子をキャリヤにした,薬剤伝達システム(drug delivery system:DDS)への応用を目指している。プレゼンテーションでは,生体適合性の高い高分子ナノコンポジット粒子の粉末吸入製剤への応用例が紹介される。一般的に,粒子が小さいナノ粒子は吸収性が高いことが知られており,化粧品などへの応用も注目される。

 GSIクレオスは,カップ積層型カーボン・ナノチューブ(CSCNT)の細胞培養への応用展開を報告する。すでに同社は,CSCNTを表面処理加工し,細胞培養液中の培養担体として用いることで,細胞増殖効果を20%向上,生育期間も20%延長させることを確認している。細胞培養は,基礎,臨床研究分野で日常的に利用されており,従来培養が難しかった細胞培養や抗体医薬,再生医療分野への応用など,幅広い分野へ展開できる可能性を持つ。このほか,ノバスジーンによる非標識DNA検出技術を用いた遺伝子検査システムの発表がある。

関連技術成果が一堂に
 ここで紹介した技術を含め,NEDO技術開発機構の支援で生まれた約80の技術成果を一堂に集めた「成果展示会 2005」が11月15〜18日に東京ビッグサイトで開かれる。この展示会は,NEDO技術開発機構が実施している「実用化開発助成事業」もしくは「基盤技術研究促進事業」で支援を受けた民間企業が達成した研究成果を広く知らしめるため,NEDO技術開発機構が毎年実施している展示会である。2005年は,約80の技術成果のブース展示と,このうち23の技術成果に関する開発者自身によるプレゼンテーションを実施する予定。

 ブース展示に関しては,エネルギー関連,ライフサイエンス関連,環境関連,情報通信関連,製造技術・ナノテクノロジ・材料関連の5分野に関し,それぞれ実用化開発と基盤技術研究の両面の技術成果が示される。一方プレゼンテーションに関しては,エネルギー関連が2件,ライフサイエンス関連が3件,環境関連が7件,情報通信関連が1件,製造技術・ナノテクノロジ・材料関連が10件の合計23件のプレゼンテーションがある。

「成果展示会 2005」の事前情報はこちら

NEDO成果展示会2005公式ページへ

記事要点掲載先:産業イノベーション日経BP知財Awarenessバイオ・ヘルス・ビジネスフォーラム日経BP.JP

オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
パナソニックの住宅関連事業を支える耐酸被覆鋼板、接着技術や樹脂コーティング法に独自ノウハウ

【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2018年8月)










オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

お問い合せ イベントIndex コラムIndex 提案Index ブレークスルー技術Index INTERVIEW Index topへ テクノアソシエーツへ