技術&事業インキュベーション・フォーラム

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへイベント・セミナーお問合せ


G&Gサイエンスがマーケティング・パートナーを募集開始
独自遺伝子解析技術「ジェノパターン法」の臨床応用を目指す


[2006/03/07]

 バイオ・ベンチャー企業のG&Gサイエンスが,「ジェノパターン法」の臨床応用を目指し,マーケティング・パートナーの募集を開始した。ジェノパターン法は,同社独自の遺伝子解析技術で,病原菌の臨床検査や食品の品種特定検査などへの応用が期待されている。特に,抗酸菌群同定検査および結核菌薬剤耐性検査薬に関しては,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)産業技術実用化開発助成事業の一環として開発を進めている(関連記事)。
 G&Gサイエンスでは,今回の募集により,これらの検査で使用する臨床検査薬の開発と事業化を強化していく方針である。同社は,「臨床検査でジェノパターン法を応用するためには,検査システムと臨床検査薬が必要になる。検査システムに関しては,すでに機械メーカーと共同で開発を進めている。今回の募集により,臨床領域に強い診断薬メーカーと事業化体制を構築していく」とコメントしている。臨床応用に向けて検査薬の最適化や品質向上,流通経路の確保などを進めることで,ジェノパターン法の実用化を加速していく狙いだ。

マーケティング・パートナーの募集で臨床検査薬の事業化を促進
 ジェノパターン法は,ゲノム配列の違いを波形パターンの違いでとらえる技術である。ゲノム配列は生物種や品種ごとに異なるため,ジェノパターン法ではそれぞれ固有の波形パターンを示す。したがって,検査対象となる菌種や食品ごとに波形パターンをデータベース化しておけば,様々な検査が可能となる。具体的には,病原菌の特定や野菜,魚介類,キノコといった食材の解析などに適用可能である。すでに,ブランド食材の偽装表示や類似品の混入を見分ける遺伝子検査システムとして応用している。
 その特徴は,「1本のチューブに抽出したDNAと試薬を混ぜれば,あとは自動で波形パターンを測定できる」(G&Gサイエンス)という簡便性である。こうしたジェノパターン法の特徴を生かした臨床検査や検査試薬の実用化開発を,G&Gサイエンスは進めている。抗酸菌群に関しては,結核研究所抗酸菌レファレンスセンターと共同で抗酸菌検査システムの開発を進めており,すでに検査法や検査薬の基本構成を構築,再現性や実用性の検討段階に入っている。NEDO技術開発機構は,G&Gサイエンスに対して1年目の中間評価を行い,終了年となる2年目の継続を決定している。
 今回,マーケティング・パートナーを募集するのは,「現在,試薬の調整は研究者の手作業で行われているが,抗酸菌検査システムの実用化に向けて,高品質かつ保存性に優れた臨床検査薬の開発と事業化が必要になる」(G&Gサイエンス)からである。今後,G&Gサイエンスでは,検査システムだけでなく臨床検査薬の実用性を高め,ジェノパターン法の臨床応用を目指していく方針である。

G&Gサイエンスからの提案

 ジェノパターン法による抗酸菌分別検査システムで使用する検査試薬の事業化に関し,マーケティング・パートナーを募集する。また,同法による遺伝子解析技術の応用分野を探索するための共同開発・提携先も募集している。

提案書はこちら

注:資料をダウンロードできない場合にはお手数ですが,下記までご連絡下さい。

G&Gサイエンス株式会社
〒960-1242 福島県福島市松川町美郷4−1−1
TEL:024-537-2350
FAX:024-537-2385
Email:info@gandgscience.co.jp

PDFファイルの閲覧にはAcrobat® Reader®が必要です。
Acrobat® Reader®のダウンロードはこちら



記事要点掲載先:日経BP知財Awareness日経BP.JP

オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
パナソニックの住宅関連事業を支える耐酸被覆鋼板、接着技術や樹脂コーティング法に独自ノウハウ

【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2018年8月)










オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

お問い合せ イベントIndex コラムIndex 提案Index ブレークスルー技術Index INTERVIEW Index topへ テクノアソシエーツへ