技術&事業インキュベーション・フォーラム

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへイベント・セミナーお問合せ


タバコ用フィルタ最大手の日本フィルター工業が
環境に優しく,人体に安全なヤシガラ活性炭シートを開発



[2006/09/20]

 日本たばこ産業(JT)グループの中核企業で,タバコ・フィルタの専門メーカーである日本フィルター工業(本社:東京都渋谷区)は,フィルタ技術を用いたヤシガラ活性炭シート(仮称:チャコールシート=写真)の製品を外部へ提供することを決定した。同社は世界トップ・クラスのヤシガラ活性炭のフィルタ技術を持っているが,これまでは20数億本/年のタバコ用チャコール・フィルタを製造するだけで生産設備がフル稼動していたため外部に提供してこなかった。しかし,近年,タバコ需要に減少傾向が見られることから,ヤシガラ活性炭のフィルタ技術を他製品に応用したり,製品として外部に提供する余地が出てきた。同社は,活性炭を使わない不織布に関してはすでにキッチン・ペーパーや医療用シートとしてOEM(相手先ブランドによる生産)しているが,活性炭フィルタを他社に提供するのは今回が初めてである。

安価に大量供給できるのが強み
 今回外部供給するヤシガラ活性炭シートには,同社がこれまでタバコ用フィルタで培った技術を利用している。解繊パルプ・シート(不織布)にヤシガラ活性炭を均一に貼付しているので,活性炭を糊で練り込む従来タイプの活性炭シートに比べて脱臭効果が高い。また,「すでに量産体制が整っているので,大量に安価に提供できる」(開発を担当した同社羽村工場営業課長の小俣 敏氏)と言う。さらに,「口に触れるタバコ用フィルタと同じ原料を使っているので,人体に対する安全性で優れている点も大きな特徴。化学繊維を使っていないので環境にも優しい商品となっている」(同氏)。
 これらのことから,同社はこの製品の競争力に自信を持っている。また同社の活性炭フィルタは,JR各社の新幹線「のぞみ」,「こまち」などの新型車両の喫煙席用エア・フィルタとして採用された実績を持つなど,その技術力は高く評価されてきた。

高い脱臭効果,幅広い用途開発に期待
 新たに開発されたヤシガラ活性炭シートは,シート状であるために応用範囲の広く,様々な用途が考えられる。
 すでに問い合わせがあるのが農業分野。活性炭シートの不織布部分はキッチン・ペーパーにも使用しているので,果物などを包みやすい。エチレン・ガスなどによって鮮度を失いやすいリンゴ箱などの中に入れ,活性炭でガスを吸着させて鮮度保持に効果を発揮できる。医療分野でも応用範囲が広がりそうだ。マスクなどはもちろんのこと,焼却処分できることから,脱臭効果が高い医療・介護用シーツとして応用できる可能性がある。また大人用オムツへの応用も考えられる。このほか,空気清浄機,脱臭機,エアコン,自動車などの各種フィルタ,冷蔵庫やペット向けトイレ・シート,高齢ペット用オムツ,収納庫向け脱臭・調湿シート,生理用品などの生活雑貨など,従来から活性炭シートが使用されていた分野が対象となる。
 さらに大量生産できて,かつ安価であり,しかも天然原料を用いているため燃やすだけで簡単に処分できる特徴から期待される用途して,土木・建築向けがある。例えば,揮発性ペンキ臭などの対策としての床下・小屋裏シートなどである。また,ホルムアルデヒドなどシックハウス症候群対策や,建材搬送中の薬剤付着を防ぐためのVOC建材向け梱包材として期待されている。また,工事現場向けシートや,プレフィルタとして利用される可能性もある。実際,活性炭を使わないパルプ不織布は,プレフィルタとして塗装ブースで利用されたことがある。塗装ブースに設置される集塵機は,空中に飛散した塗料によって本体フィルタをすぐ交換しなくてはならず,運用コストの増加要因になっていた。そこで同社のパルプ不織布をプレフィルタとして設置したところ,集塵効果を下げずに本体フィルタの寿命を大幅に伸ばすことができた。「当社のパルプ不織布をプレフィルタとして使用することで,より高価な本体フィルタの交換頻度が大幅に縮小できました」(小俣氏)と言う。

用途に応じたカスタマイズが可能
 同社の活性炭フィルタは,シート面に均等に細かく活性炭が貼付されている。これは,シート状に抄造されたパルプ繊維不織布をいったん乾燥させた後,粒度が一定の活性炭を雪のように降らして添加するため,活性炭が均等で細かく貼付される。また,活性炭の粒度はその目的によって自由に変えることも可能なので,用途に応じた粒度の活性炭を貼付できる。寸法に関しては,ベース・シートが幅2340mmで長さ600〜800mと,用途に応じて変えられる。

 なお,詳しい商品概要は以下の通り。
素 材 乾式エアーレイド法ペーパー
パルプ(NBKP)
バインダー(酢ビ系)
添加剤(ポバール【PVA】)
活性炭(ヤシガラ活性炭)
性 状 臭気(異臭のないこと)
純度(異物のないこと)
安全性(食品衛生法の「食品,添加物等の規格基準」に準拠のこと)
諸物性 シート品名(T-121)
使用チャコール粒度(20/45〜20/80)
シート坪量(120〜145g/m2
ベースシート坪量(45〜55g/m2
チャコール坪量(75〜90g/m2
引張強度(4.2〜5.0kg/16cm)
形状(シート) 穴のないこと
破れのないこと
汚れのないこと
形状(ロールシート) シート幅(128mm〜2340mm)
巻長(600m〜800m/巻)
シート巻径(直径1000mm)
紙管(3インチ)

ヤシガラ活性炭シート(仮称:チャコールシート)


同製品のサンプル申し込みは,同社羽村工場業務部営業課・小俣 敏(042-555-9785)まで。

記事要点掲載先:日経BP.JPTech-On!

オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
パナソニックの住宅関連事業を支える耐酸被覆鋼板、接着技術や樹脂コーティング法に独自ノウハウ

【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2018年8月)










オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

お問い合せ イベントIndex コラムIndex 提案Index ブレークスルー技術Index INTERVIEW Index topへ テクノアソシエーツへ