技術&事業インキュベーション・フォーラム

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへイベント・セミナーお問合せ



[2006/12/18]

ニュースリリース
報道関係者各位
産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門

プラスチックの難燃化 新技術を開発
─ 効率が高く,耐水性・絶縁性に優れ,環境に優しい新材料を実用化 ─


【新規発表事項】
 茨城県つくば市にある独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)の韓立彪主任研究員らは,リンを化学結合で高分子骨格に直接導入すること技術を開発し,これにより,僅かなリンを導入することにより,プラスチックや高分子の本来の性能を損なうことなく,ほぼ半永久的に耐燃性を持たせることに成功した。また,本技術ではリンが安定な結合により導入されるため,これまでリン系難燃剤が抱える加水分解や環境への放出などの諸問題が克服される。産業界から強く望まれるノンハロ環境対応型難燃化の新しい技術として期待される。

【背 景】
 高分子・プラスチックの製品化過程において,難燃化が必須である。現在は,難燃剤を高分子に混ぜるなどをして,製品の耐燃性を高めている。この目的に使われる難燃剤は,世界では108万トン/年(日本では15万6000トン/年)にも上っている。これまで,ハロゲン系難燃剤は古くから使用されてきたが,製品の廃棄処理からダイオキシンが発生するため,現在はこれらの化合物使用は,RoHS指令により制限又は禁止されている。このRoHS指令の世界的な広まりの影響を受けて,難燃剤のノンハロ化が世界の流れとなっている。ノンハロ環境対応型難燃材料の開発競争が各国間でしのぎを削って行われている。
 リン系難燃剤は,環境対応型難燃材料の一つとして注目されている。現在,各種リン酸エステル,含リンポリオールなどがこの目的に多く用いられている。しかし,これらのリン系難燃剤は,(1)液状タイプのものが多いため製品の機械的強度,耐衝撃性を低下させてしまう。また,(2)容易に加水分解するため,製品の耐水性に問題がある。特に絶縁性が求められる電気,電子材料には使用できない。さらに,(3)低分子のリン化合物を高分子類に練り合わせて使うため,これらリン化合物が徐々に放出し,環境ホルモン汚染公害を引き起こすことが懸念される。

【訴求点】
 産総研では,これまで世界に先駆けて触媒的リン化合物合成の技術を開発した。今回は,この新技術を駆使して,リンを化学結合で高分子骨格に直接導入すること技術を開発に成功した。これにより,僅かなリンを導入することにより,プラスチックや高分子の本来の性能を損なうことなく,ほぼ半永久的に耐燃性を持たせることが実現した。リンが安定な結合により導入されるため,これまでリン系難燃剤が抱える諸問題点が克服される。本技術は,(1)少量のリンの添加で高耐燃性実現(2)半永久的に材料に耐燃性を付与し,しかも材料の本来の性能を損なわない。(3)難燃剤のリーク,難燃性劣化などの問題を克服(4)比較的安価に行うことが可能などの特徴がある。

【今 後】
 既に研究室での実証実験は完了したが,実用化するための実証実験,更に製造した耐燃性材料を実際のデバイスに用いる時の実証実験を行う予定。プラスチィック製品企業と共同にて,この新技術の実用化,その改良,を実施していく計画であり,パートナー企業を募集する。又,本技術により数多くのリン系新規機能性材料も創出してあり,本技術を利用した他分野への応用に付いて関心の高い企業との技術的ディスカッションも募集している。

●備 考
 本成果は,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)産業技術研究助成事業による研究成果です。

●研究者の略歴
昭和63年 大阪大学工学部応用精密化学科 卒業
平成5年 大阪大学工学部応用精密化学専攻後期課程 修了(工学博士)
平成9年 物質工学工業技術研究所(現産総研)に入所,主任研究官
平成13年〜現在 独立行政法人化に伴い,「産業技術総合研究所」と改称。企画本部企画主幹(H16),主任研究員。
その間 平成14年〜平成15年 科学技術振興事業団 若手研究者海外派遣事業により米国留学(University of California at Berkeley)
【受 賞】
平成12年 日本化学会 進歩賞
平成11年 物質工学工業技術研究所 所長賞
研究業績:学術論文45本,特許出願85報
世界に先駆けて触媒手法によるリン類の合成法を見出し,内外によりきわめて高く評価され,現在同分野をリードしている。
  (1) 新聞(化学工業日報(2000.4.19);米国化学会C&E News (2000.9.4)報道
  (2) 日本化学会「化学と工業」化学のフロンティア’99に入選(1999)
  (3) 英国王立化学会 Chem. Commun. のカバーページを飾る。 (1999)
  (4) 日本化学会より表彰(2000年進歩賞)
  (5) 触媒・合成化学のトピックスとしてコンスタントに紹介される。
    【例】化学, 1997,52,66;触媒,1999, 41, 199; 1999, 41, 142; 化学と工業, 2001, 54, 187; Chem. Rev. 2000, 100, 3205; 2000, 100, 3221; 2004, 104, 3079; Curr. Org. Synthsis, 2004, 1, 355.

【本件に関する問い合わせ先】
産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門   主任研究員:韓 立彪
TEL:029-861−4855 FAX:029-861−4511
e-mail:libiao-han@aist.go.jp URL:http://www.aist.go.jp/

  【テクニカルノートはこちら】
    ・「リンの高分子骨格への直接導入による有機材料の耐燃化」の実用化共同研究開発の提案
【関連記事】
  ・リン系難燃剤の新合成法を開発 環境問題に対応する新プラスチック難燃化技術 [2007年01月11日]


記事要点掲載先:Tech-On!

オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

【座談会】安定・潤沢な国産レアアースの利用に、日本の産業界は飛躍の未来を感じている

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2017年10月-12月)















オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

お問い合せ イベントIndex コラムIndex 提案Index ブレークスルー技術Index INTERVIEW Index topへ テクノアソシエーツへ