(株)テクノアソシエーツ TOPページへ テクノアソシエーツサイトへ

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへコラムへ

我が社が新しい廃水処理装置を導入する理由 − 大和板紙

[2007/03/08]


 近年,企業の環境問題に対する取組みへの要請が強くなってきている。大量の水を使用する製紙メーカーなどの工場では廃水量を減らして環境に対する負荷低減を試みようとしているが,実際には,高度処理可能な浄水装置を設置できるスペースの確保が難しい,初期コスト,ランニングコスト増に耐えられないといった問題から対応が遅れている。
 そんな中,超伝導磁気分離による新しい廃水処理装置を導入し,工場内の水資源のリサイクル率を高めて環境負荷を低減すると同時に低コスト化を実現した製紙企業がある。大和板紙工場長の伊藤幹太氏に,その超伝導磁気分離による廃水処理装置導入の効果を聞いた。《表参照

小型で処理能力の高い廃水処理システムを求めて,超伝導磁気分離装置を導入
 当社工場は昭和27年から操業しており,主要出荷製品は牛乳パック,酒パック等の難処理古紙から再生する板紙。ノートの表紙や御菓子等のパッケージに利用されている。これら板紙は,原料の古紙と水を大きなミキサーの中で攪拌し,その中に含まれる紙をドロドロの繊維に戻し,洗浄,脱水を繰り返し,低濃度の原料を網ですくい上げて製造するが,各工程で多くの工業用水を使用している。これまで,当社では各工程で使用した水を加圧浮上装置で浄化処理して一部再利用していたものの,製品の高品質を保つためにはどうしてもきれいな工業用水に頼らざるを得ない部分があった。この加圧浮上装置では浄化しきれない異物を除去してくれる技術・装置を探していた。

 超伝導磁気分離廃水処理装置は,当社の板紙製品を染色するための薬剤のビジネスで知った。この装置を開発したMSエンジニアリングの超伝導磁気分離技術は独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)の基盤技術研究促進事業の委託を受けており,信頼性が置けると判断して導入の検討を開始した。この技術の特長は加圧浮上装置では浄化しきれない異物を高速で除去できることと聞いていた。高速で浄化処理できるため装置が非常に小さく,敷地面積が狭い工場でも無理なく導入可能で,環境に優しい循環型のリサイクルシステムを実現できるという説明でした。

 これまでの廃水処理装置というと20m×30mを超えるような大型のもので,浄化処理に要する時間も数時間から十数時間もかかった。ところがこの超伝導磁気分離による廃水処理装置ではインプットからアウトプットまでおよそ15分。加圧浮上装置では浄化しきれない異物も高いレベルで除去できる。装置設置に必要な専有面積も6m×6mと非常にコンパクトで,当社のように都市部に立地している工場でも新たに敷地を拡張することなく既存のラインに組み入れることができた。この装置を導入したことにより,これまで使用していた工業用水の3分の2(程度)を製造工程の中で循環させて再利用することが可能となる。その分,工業用水を新規購入する必要がなくなり,同時に下水への排出が削減でき低コスト化となる。当社工場では,使用する水量から換算して,各工程からの廃水を一まとめにして浄化処理したあと各工程へ循環させる方式を採用したが,より多くの水を使用する製造ラインの場合には各工程で独立した循環システムを構築することも可能であろう。

 当社に限らず,製造プロセスの中で相当量の工業用水を利用・排水している製紙メーカーでは環境に対する負荷低減をどのように進めて行くかが当面の課題の一つになっているが,当社はダイワグループの一員として,《環境に優しい》《地域密着》《循環型リサイクル》を経営の重要テーマに掲げ,水資源のリサイクル化の実践に取り組んでいる。

表1:超伝導磁気分離装置の導入効果
特 徴 導入した理由
1.超小型 装置に必要な専有面積が6m×6mと非常に小さく,新たに敷地を拡張することなく既存のラインに組み入れることができた。
2.高度浄化 加圧浮上では浄化しきれない異物を高いレベルで除去する。
3.高速度処理 約15分で浄化処理する。
4.低コスト化 当工場の3分の2(程度)の水を工場内で循環するシステムを構築できた。その分の新規工業用水購入費と下水費用を同時に削減が見込まれる。


【関連記事】
  ・超小型廃水処理装置を開発,MSエンジニアリングの事業・開発計画が明らかに 活性炭素メーカーとの連携で適用市場の拡大へ [2007年03月05日]


記事要点掲載先:日経BP.netMEMS InternationalTech-On!


オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
パナソニックの住宅関連事業を支える耐酸被覆鋼板、接着技術や樹脂コーティング法に独自ノウハウ

【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2018年8月)










オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

INTERVIEW Index ブレークスルー技術Index 提案Index コラムIndex イベントIndex お問い合せ