(株)テクノアソシエーツ TOPページへ テクノアソシエーツサイトへ

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへコラムへ


[2007/05/08]

ニュースリリース
報道関係者各位
アキュートロジック株式会社


フルハイビジョン(HD)対応の外販用のカメラモジュールを開発
〜 「ESEC 第10回 組込みシステム開発技術展」で発表 〜


【新規発表事項】
 アキュートロジック株式会社(本社:東京千代田区,代表取締役社長:増田孝,以下 アキュートロジック)は,2007年5月16日より東京ビックサイトにて開催される「ESEC第10回組込みシステム開発技術展」に,外販向けに開発したハイビジョン(High-Definition: HD)映像対応,カムコーダ向けカメラモジュール(開発コード名:Pegasus以下,Pegasus)を出展,デモンストレーションを交えてご紹介します。
 今回新たに開発したPegasusは,自動露出補正(AE),オートホワイトバランス(AWB),オートフォーカス(AF)の制御と,色補正などの独自の画像処理技術を搭載したカメラモジュールです。ハイビジョン映像に不可欠な高精細・高品位の各種画像処理機能やイメージプロセッサ(ISP)などがすでに組み込まれている事と,画質調整済みの状態で提供される事から,セットメーカにとってはハイビジョンカムコーダの開発期間を大幅に短縮する事ができます。

【背景】
 大型薄型テレビが急速に普及拡大し,消費者のより高精細・高品位な画質に対する要求が高まりつつある中,今後のカムコーダはハイビジョン映像での撮像機能といった画質の一層の向上や高付加価値化が求められています。ハイビジョン商品の開発に取り組むセットメーカにとっては,いかに短い開発期間で安定した高精細・高品位の撮影を可能とする仕様を実現するかが,非常に重要な課題といえます。
 とくに,製品の開発工程で不可欠となる,各種画質設計,露出補正機能,ホワイトバランス機能の実装には,あらゆる被写体と撮影条件に対してより消費者の満足度の高い画像を提供するため,場合によっては数ヶ月以上の設計・テスト・調整期間が必要となります。
 アキュートロジックでは,これらのニーズに対応,各メーカが独自に各種画像処理IPを開発する必要をなくし,開発期間の短縮や簡素化を実現します。

【訴求点】
Pegasusは,以下の機能を搭載し,HD向け高精細・高品位の画像を提供します。
1. フルハイビジョン「1920×1080 30p(プログレッシブ走査)」サイズの動画機能に対応。
2. 「1920×1080 30p」や「1280×720 60p(プログレッシブ走査)」といった高画質から,VGAまでを含む21通りの動画モードに対応できるため,セットメーカーが必要とする仕様設定に幅広く応えることが可能。
3. イメージセンサーはCMOSセンサーを採用し,1センサーで3CCD並みの超高画質(AL Hyper Resolution Technology)を実現。
4. F1.8-2.2と明るくシャープな光学ズームレンズ(静止画用メカシャッター付き)を採用。また,アキュートロジックがこれまで培ってきた光学技術や画像処理技術を応用した「光源推定方式色補正機能」により,光源判定と色再現がより高精度に。とくに,色再現が難しいといわれている「肌色」も,目で見た感覚に近い色を忠実に再現。
5. ジャイロセンサーをモジュールに搭載し,動画ブレ補正機能も提供。


【今後】
 Pegasusは,ハイビジョン対応カムコーダのカメラ映像処理に関する前段部分(AE,AWB,AF制御と,色補正機能)をモジュール化しているため,カメラ・ビデオ機器設計・製造に経験のない多種多様なメーカにもご活用いただけます。また,各種デバイスのバラつきなどが原因で生じるカメラの個体差を補正,調整して提供することで,映像品質の安定化を図ることができます。そのため,従来型ビデオカメラの枠を越え,携帯機器や様々な民生機器などへの取り組みが可能となります。アキュートロジックは,今後,各メーカが独自に商品開発していく上で,映像撮影機能を取り込み易くする開発ソフトウェアやコンサルティングを提供するなど,幅広いニーズに対応していきます。また,更なる高画質化,小型化・低消費電力を目指し,新たな技術・製品開発に取り組んでいきます。

【アキュートロジック株式会社について】
 アキュートロジックは,1998年の創設以来,デジタル映像処理技術にかかわり,絶えずこの分野の最先端を歩み続けることを目指してきました。民生分野では,デジタルスチルカメラ・デジタルビデオカメラ・携帯端末のカメラモジュール,及びデジタル画像処理やアプリケーション等のIP及びソフトウェアをご提供しています。また,産業分野では,FA用カメラ・検査装置・セキュリティカメラシステム等を開発しています。
 詳しくは,http://www.acutelogic.co.jp/を御覧ください。


■ESEC第10回組込みシステム開発技術展 (http://www.esec.jp
【開催日】 2007年5月16日(水)〜18日(金)
【会 場】 東京ビックサイト
  アキュートロジック株式会社展示ブース
ブースNo.東6ホール 東39−10


【本件に関するお問い合わせ】
アキュートロジック株式会社 営業部   担当 小林香代
TEL:03-5282-4721 FAX:03-5282-4740
e-mail:kayokobayashi@acutelogic.co.jp
URL:http://www.acutelogic.co.jp/

【関連技術記事】
  ・フルハイビジョン対応ビデオ・カメラの開発工数を削減 [2007年05月10日]

要点掲載先:日経BP.netTech-On!


オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

【座談会】安定・潤沢な国産レアアースの利用に、日本の産業界は飛躍の未来を感じている

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2017年10月-12月)















オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

INTERVIEW Index ブレークスルー技術Index 提案Index コラムIndex イベントIndex お問い合せ