(株)テクノアソシエーツ TOPページへ テクノアソシエーツサイトへ

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへコラムへ




提案書



(1)大学・学部学科・研究室名・氏名
 東京大学大学院・工学系研究科・バイオエンジニアリング専攻・廖洪恩

(2)「技術シーズ」名
 三次元画像技術を活用した低侵襲高精度診断治療用手術支援システムの開発

(3)技術概要
 ライフサイエンス分野「診断・治療機器分野の技術マップと重要技術」としての画像誘導下高度低侵襲治療技術,と情報通信分野「ユーザビリティ分野(ディスプレイ等)のロードマップと技術」としての3D(裸眼立体視)ディスプレイ技術に横断的に取り組み,高精度画像支援手術診断・治療技術とインタラクティブ三次元立体画像作成・表示技術を融合することにより,革新的な低侵襲・高精度診断治療用インタラクティブな術前診断・計画,手術中治療支援システム及び手術器具などの手術中情報の提示また体内を透視したイメージオーバーレイシステムを開発しました。

図1 インテグラル・ビデオグラフィ(注2)3次元画像表示の原理と開発した表示システム  
図1 インテグラル・ビデオグラフィ(注2)3次元画像表示の原理と開発した表示システム
開発した三次元画像
提示システム
【図の説明】微小凸レンズ二次元アレイと高解像度二次元画像を組み合わせることにより三次元空間に立体像を再構築するため,多人数が同時に正確な三次元像を裸眼で観察できる究極の三次元動画表示方式です。


(4)特徴・訴求点
微小凸レンズ二次元アレイと高解像度二次元画像を組み合わせることにより三次元空間に立体像を再構築するため,多人数が同時に正確な三次元像を裸眼で観察できる究極の三次元表示方式です。
MRIやCTなどから得られた画像を患者と重ね合わせることにより,術中に病巣部の三次元構造や手術器具の正確な位置情報を体外から把握できる三次元画像誘導手術ナビゲーションを実現できます。
前記究極の三次元表示と,不可視情報の統合表示を技術融合することにより,術者があたかも透視能力を得たかのような感覚の中で手術を遂行できる理想的な手術環境を実現します。


(5)現在注力している業界・分野
医療機器,映像情報分野

(6)これから応用展開の可能性を探索してみたい業界・企業(アイディアジェネレーション段階)
医療用三次元画像ディスプレイおよび手術現場に使われる画像誘導システムとして
映像情報通信分野における裸眼立体画像表示技術として
学術・教育,エンターテイメント,マスメディアなどの幅広い三次元画像分野への応用

(7)提案事項
三次元医療用ディスプレイの応用に関する意見交換,共同開発を提案します


【ニュースリリース】
  ・三次元画像技術を活用した低侵襲高精度診断治療用手術支援システムの開発  [2009年1月29日]




オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

【座談会】安定・潤沢な国産レアアースの利用に、日本の産業界は飛躍の未来を感じている

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2017年10月-12月)















オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

INTERVIEW Index ブレークスルー技術Index 提案Index コラムIndex イベントIndex お問い合せ