(株)テクノアソシエーツ TOPページへ テクノアソシエーツサイトへ

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへコラムへ



提案書



(1)大学・学部学科・研究室名・氏名
静岡大学 機器分析センター 近藤満

(2)「技術シーズ」名
河川・工場廃水等環境水から過塩素酸イオンを従来比10倍除去するカプセル分子型除去剤

(3)技術概要
図
【図の説明】不溶性高分子化合物を過塩素酸塩を含む水溶液に添加すると,この高分子化合物が固体状態で構造変化を起こし,過塩素酸を取り込んだカプセル型分子へと変化します。
静岡大学 機器分析センターは,漂白剤などの生産過程で発生する工場排水や,河川・湖沼・海域などのいわゆる環境水から,乳幼児の発育に悪影響を及ぼすと懸念されている過塩素酸イオンの高効率,低コスト除去を可能にするカプセル分子型の新しい除去剤を開発しました。従来の陰イオン交換樹脂法に比べ,過塩素酸イオンの単位重量あたりの除去量が約10倍(0.1g/g)で,吸着除去に要する時間も30分程度と,1/10以下に短縮します。カプセル分子型の除去剤は回収して何度でも再利用可能なため低コスト化が図れるとともに,従来からある陰イオン交換樹脂法で懸念されていた除去剤の大量産廃処理の問題も発生しません。過塩素酸イオン以外の陰イオンの影響も受けにくいことから,幅広いpH(水素イオン濃度指数)範囲の水溶液に対して有効な技術です。


(4)特徴・訴求点
図
【図の説明】不溶性高分子化合物を過塩素酸塩を含む水溶液に添加すると,この高分子化合物が固体状態で構造変化を起こし,過塩素酸を取り込んだカプセル型分子へと変化します。
高効率化:イオン交換樹脂に比べて過塩素酸イオンの単位重量あたりの除去量は約10倍(0.1g/g)
作業時間短縮:過塩素酸イオンの吸着除去に掛かる総作業時間を1/10に短縮
低コスト化:除去後の素材から出発物質である高分子錯体を簡便に再生
環境対策:除去剤の大量産業廃棄物の処理問題なし
様々な水溶液に対応:他の陰イオンの影響を受けにくいため,広いpH範囲の水溶液に対して機能
視覚化の実現:過塩素酸イオンの除去の様子を除去剤の色の変化により目視可能(世界で初めて)


(5)現在注力している業界・分野
人体の発育に悪影響を及ぼすと懸念されている過塩素酸イオン除去。特に漂白剤などの生産過程で発生する工場排水,河川・湖沼・海域などのいわゆる環境水など



(6)これから応用展開の可能性を探索してみたい業界・企業(アイディアジェネレーション段階)
上水の処理や飲料水の精製に有用なフィルター素材


(7)提案事項
カプセル分子型除去剤の実用化を加速化させるために,現在,工場廃水を用いた応用実験,このカプセル分子型除去剤の大量合成法の確立,および簡便な除去プロセスを実現するための除去剤のカートリッジ化の開発,に関して意見交換や共同開発を行う企業,研究機関を求めています。



【ニュースリリース】
  ・静岡大学,河川・工場廃水から過塩素酸イオンを従来比10倍以上除去する手法を開発  [2009年02月12日]




オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

【座談会】安定・潤沢な国産レアアースの利用に、日本の産業界は飛躍の未来を感じている

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2017年10月-12月)















オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

INTERVIEW Index ブレークスルー技術Index 提案Index コラムIndex イベントIndex お問い合せ