技術&事業インキュベーション・フォーラム

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへお問合せ




提案書



(1)大学・学部学科・研究室名・氏名
東京大学大学院理学系研究科 化学専攻 分析化学研究室 小澤岳昌

(2)研究テーマ名 (NEDO助成技術)
生細胞内多種タンパク質間相互作用を高感度・リアルタイムに検出できる発光スクリーニング法の開発

(3)研究テーマの技術・開発段階
・応用研究段階

(4)技術概要
 生きた動物個体内で機能する生体分子の低侵襲的分子イメージングは,基礎生命科学研究や創薬における次世代技術として大きく期待されています。我々は,発光タンパク質ルシフェラーゼの再構成法という独自の技術を利用して,細胞内シグナルを光情報に変換するプローブを開発しています。ルシフェラーゼを人工的に細工して分子センサーとすることにより,細胞や動物を非破壊的かつ短時間でシグナル検出が可能となりました。同構成法は細胞内シグナルを高感度かつリアルタイムに検出できるため,特定したシグナルを標的とするケミカルスクリーニングを可能にする技術です。簡便な薬物スクリーニングシステム,さらにマウス個体内の生理機能を可視化する新たな技術を提供します。

図
【図の説明】
(左)タンパク質再構成法を利用した生体分子可視化技術。タンパク質間相互作用や酵素活性など高速・短時間にアッセイ可能な分子プローブを開発します。(右)プロテアーゼ(caspase-3)活性を発光検出するプローブ。プローブ導入培養細胞(上)およびマウス個体内のcaspase-3活性化を発光検出した結果を示しています。


(5)特徴・訴求点
・ 従来の蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)法に較べて,2倍以上の大きなシグナル変化が得られます。
・ 一度に多数の細胞を利用してアッセイできため精度がよく,さらに細胞破砕の必要がなくスループット能に優れています。
・ 従来の手法では困難であった動物体外から生理機能の可視化が,リアルタイムで行えます。


(6)現在注力している応用分野,将来探索してみたい分野<複数分野可>
・【現在】分子イメージング,基礎生命科学,創薬,医療
・【将来】環境汚染(水質,大気など),バイオエネルギー


(7)実用化に向けた課題
・他社との製品比較,サンプル提供と意見聴取,販売戦略


(8)企業に対する提案事項
・実サンプルを試していただき,技術評価,意見交換さらには共同開発を提案します。



【ニュースリリース】
高感度な分子イメージング用プローブ技術を開発 〔2009/11/17〕



オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
パナソニックの住宅関連事業を支える耐酸被覆鋼板、接着技術や樹脂コーティング法に独自ノウハウ

【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2018年8月)










オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

お問い合せ イベントIndex コラムIndex 提案Index ブレークスルー技術Index INTERVIEW Index topへ テクノアソシエーツへ