技術&事業インキュベーション・フォーラム

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへお問合せ




提案書



(1)大学・学部学科・研究室名・氏名
 東京大学大学院・医学系研究科・人体病理学病理診断学分野・石川俊平

(2)研究テーマ名 (NEDO助成技術H20(1))
 機能性アレルのデジタルカウントによる次世代ExpressGenotype法の開発とその産業応用

(3)研究テーマの技術・開発段階
・応用研究段階 

(4)技術概要
 個人ごとに異なるゲノムのアレル(*)による遺伝子発現量の違いは,個体間の疾患,薬剤感受性の違いの重要な原因とされています。我々はアレルによる遺伝子発現量の違いを網羅的に測定する新規的特許技術“ExpressGenotype法”のプロトタイプを既に開発しています。現在,並列シーケンサーおよび集積流体回路などの新規技術と融合させることによりアレルのコピー数のデジタルカウントを行い,産業応用が可能な精度まで高める研究を行っています。最終的には次世代“ExpressGenotype法”を薬剤開発における前臨床試験,臨床治験,市販後調査等に対応可能な基盤産業技術とすることを目的としています。

* アレル:ここではSNP等によって配列の異なるゲノムのこと。両親から一つずつ受け継ぐため通常細胞あたり二つ存在する。
【図の説明】(左図)薬剤特異的に誘導される遺伝子発現のアレル差(薬剤応答多型):通常状態では両アレルとも同程度発現していますが,薬剤刺激状態においてはアレルAのみが特異的に誘導されます。(右図)マウス個体中のヒト細胞由来配列解読によるvivoの薬物応答個体差の解析:ヒト由来の細胞をマウスに移植することにより,ヒト細胞がvivoに近い組織構築をとります。薬剤を投与後,標的臓器のRNAを回収して配列解読を行い,ヒト由来の配列を選別して解析することによりvivoに極めて近い薬剤応答性個体差が解析可能です。

(5)特徴・訴求点
・薬剤誘導性のアレル間発現差(薬剤応答個体差)という新規的概念の網羅的解析技術です。
・次世代シーケンサーなどのデジタル技術により僅かな発現量個体差も判別できる精度です。
・in vivoにきわめて近い薬剤感受性個体差が臨床投与前にスクリーニングできます。

(6)現在注力している応用分野,将来探索してみたい分野<複数分野可>
・【現在】薬剤のバイオマーカー探索,薬剤のスクリーニング系
・【将来】複雑な細胞の相互作用解析,脳のメカニズム

(7)実用化に向けた課題
・アッセイのコストダウン,バイオマーカー探索に関する企業側のインセンティブ

(8)企業に対する提案事項
・製薬企業,ジュネリック医薬品メーカーとバイオマーカーとなる多型探索に関する意見交換,共同開発などを望みます。


【ニュースリリース】
  ・重度な副作用を遺伝子レベルで予知できる技術を開発〔2009/12/15〕



オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

【座談会】安定・潤沢な国産レアアースの利用に、日本の産業界は飛躍の未来を感じている

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2017年10月-12月)















オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

お問い合せ イベントIndex コラムIndex 提案Index ブレークスルー技術Index INTERVIEW Index topへ テクノアソシエーツへ