(株)テクノアソシエーツ TOPページへ テクノアソシエーツサイトへ

TOPページへニュースへ連携提案へ注目技術&事業コラムへコラムへ

[2009/01/19]
ニュースリリース    
 
 
国立富山工業高等専門学校
物質工学科

一目で濃度が分かる!オンサイト簡易分析法を開発
‐ 見やすく汎用性の高い目視分析チップを作り出す ‐


【新規発表事項】
現在,現場分析で多く用いられている比色法は,濃度を色の濃淡を目視で判定しますが,判定結果は測定者の色覚に依存されるため,分析結果の個人差が大きいという問題があります。富山工業高等専門学校では,濃度を変色数に変換する技術を利用した新しい目視分析法を開発しました。マイクロプレートの各列に濃度の異なる試薬を配置し,試料の変色した数で濃度を測定する技術です。測定者による個人差が生じること無く精度高く測定できるのが特徴です。また使用する試薬・試料量はマイクロリットル(µl)と微量なため非常に低コストで測定することが可能になります。既存の多くの変色反応が利用できる特徴を活かし,環境汚染物質のオンサイト分析の他,疾病予防・早期発見における健康管理のための各種生体簡易スクリーニングやオンサイトでの食品安全・衛生の試験分析等にも応用を検討して行く予定です。


1.背景及び研究概要
 現在,現場分析において比色法が多く用いられています。この手法は,濃度を色の濃淡を目視で判定するため,分析装置を必要とせず,迅速な分析が可能でありますが,測定者の色覚に依存する手法であるため,分析結果に個人差が大きい問題があります。また,色覚に疾患を持つ測定者にとって扱うことが難しい手法です。測定者の色覚に依存しない新しい目視分析法の開発が望まれています。
 そこで,富山工業高等専門学校では,下図のようにマイクロプレート上の各列で変色した数によって試料の濃度を測定する“見やすい”分析技術を見出しました(昨年8月特許出願中)。マイクロプレートの各列に濃度の異なる試薬を配置し,試料の変色した数で濃度を測定する技術です。これまでの簡易分析法が抱えていた色覚に依存する問題を解決できる可能性を秘めております。

図1


【訴求点】
今回開発した技術は従来の手法と比べて次のような優位性があります。
(1) 判定しやすい目視分析法です。(測定者間で分析結果が変動しません)
(2) 試薬・試料量(µl程度)が少ないためランニングコストを抑えられます。
(3) 分析装置が小型であるため,現場への持ち込みが容易です。
(4) 色覚に疾患を持つ測定者にも扱えるバリアフリー型の目視分析法です。
(5) 既存の多くの変色反応が利用可能であるため,様々な物質の分析へ応用可能です。

 実績として,この分析技術を用いて過酸化水素やビタミンCの目視分析法の開発に成功しています。また,飲料水中の水の硬度の測定でも実証済みです。また,既存の多くの変色反応を利用することが可能であるため,環境・医療・食品の分野等広い分野における応用への可能性を持つ技術でもあります。

【今後】
 今回,本分析法の原理を分析チップ化するため,これら分野に知見・技術を有する企業・研究機関との意見交換や共同開発を進めえていきます。より操作性・汎用性の高いオンサイト分析法の可能性・市場性を見出していきたいと考えています。

【備考】
(特許) 間中淳,五十嵐淑郎,目視濃度定量法及び反応容器,特願2007-206084 (2007年8月) (受賞)
・Asia Young Analytical Chemist Session 2008(幕張メッセ)2008.9.4 優秀賞受賞
・第69回分析化学討論会(名古屋国際会議場)2008.5.15 優秀賞受賞
・第18回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会(水戸市民会館)2007.11.30 優秀賞受賞



<本件に関するお問い合わせ>
富山工業高等専門学校 物質工学科
TEL:076-493-5402  Fax: 076-492-3859
E-mail:メールアドレス
URL:http://www.toyama-nct.ac.jp
http://www.toyama-nct.ac.jp/personal/manaka/index.html



【テクニカルノート】
  ・一目で濃度が分かる!オンサイト簡易分析手法に関する共同開発の提案 [2009年01月19日]






オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡

トピックス
【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

【座談会】安定・潤沢な国産レアアースの利用に、日本の産業界は飛躍の未来を感じている

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2017年10月-12月)















オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

INTERVIEW Index ブレークスルー技術Index 提案Index コラムIndex イベントIndex お問い合せ